忍者ブログ
「ねぇの部屋」ブログヴァージョンです。 ぼちぼち旧部屋から引っ越ししますね☆
  カレンダー
05 2020/06 07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  カウンター
  カテゴリー
  最新CM
2012 / 06 / 10 ( Sun ) 22 : 23 : 21
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 40 : 17
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 38 : 20
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 35 : 58
先日 ( 訃報 ) from: ねぇ
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 33 : 49
  最新記事
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 21 : 41 : 52 )
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 15 : 32 : 42 )
2012 / 03 / 29 ( Thu ) 13 : 40 : 37 )
2012 / 02 / 14 ( Tue ) 13 : 24 : 46 )
2011 / 12 / 31 ( Sat ) 23 : 31 : 19 )
  プロフィール
HN:
ねぇ
HP:
MAIL:
性別:
女性
住所:
大阪府
職業:
趣味:
自己紹介:
3匹のネコ達と毎日楽しく忙しく暮らしています♪
  QRコード
  ブログ内検索
  リンク
  最古記事
2006 / 01 / 21 ( Sat ) 04 : 09 : 35 )
2006 / 01 / 22 ( Sun ) 19 : 48 : 05 )
2006 / 01 / 23 ( Mon ) 23 : 31 : 56 )
2006 / 01 / 30 ( Mon ) 00 : 47 : 36 )
2006 / 01 / 31 ( Tue ) 22 : 03 : 09 )
  アクセス解析
  フリーエリア
[102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92]
2020/06/02 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/04 (Sat)
『太陽の傷』ポスター


神木は頭が良い。
「少年法」の事も知っていたに違いない。
だから少年院では「模範生」だったのだ。
「更正プログラム」を順調にこなし、
反省・謝罪、そして自戒を表すれば院を早期に出られる事を知っていたのだろう。



さて・・・
ここから先の詳細を書くのは控えましょう。
勿論、その結末も。


子供の残虐性
集団心理

そして、片山の前に大きく立ちはだかる「少年法」

警察
弁護士
保護司

誰も犯罪被害者を救ってはくれない。
加害者の権利(?)を守る事に必死。

人を傷付けておいて、
人を殺めておいて、
何の権利があると云うのでしょう。

法の下に守られるべきなのは、犯罪被害者ではないの?



劇中で起こっている事。
現実でも有り得る事。
しかも現在進行形で。

観ていて「ぞっ」とした。

片山の行動は犯罪被害者の正直な思いでしょう。
加害者(犯人)を憎み、怨む。
法(この場合は少年法)が被害者ではなく、加害者を守るのなら・・・。



この作品。
残念ながら「全国一斉ロードショー」ではなく「単館上映」

大阪での上映は11月3日で終わってしまったけれど、
出来る事なら全ての良識有る大人達に観て欲しい。
そして疑問を持ち、考えて欲しい。

「R15指定」(15歳以下は観られない)なのでビデオ(DVD)化は難しいかもしれない。
だけど、是非ビデオ化して欲しい。
今回の上映を見逃してしまった多くの人達の為にも。



~終わり~



※各地の上映情報は『太陽の傷』公式HPで確認して下さい。



PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
結末が知りたい
こんばんは、菜園です。

ねぇさんの文章にぐいぐい引き込まれてしまいました。
現実社会において起こっていることですよね、いつ自分が巻き込まれるかもしれません、決して他人事ではありませんね。
私達も、法や報道のことも含め、今考えなければいけませんね。
でも、映像で見るのはちょっと恐いかな・・・(弱虫ですから)
それにしても、最近は子が親を、親が子をなど、あまりに悲惨な事件が多すぎます。

ありがとうございます、ねぇさん。
菜園 2006/11/04(Sat)23:30:14 編集
結末は
ナイショ☆(笑)
ですから、私の感想から想像して下さい。

被害者の気持ちとしては「よくやった!」
なんだろぅけど、
実際には気持ちが晴れないんちゃうかなぁ

如何?>菜園さん♪
ねぇ・管理人 URL 2006/11/05(Sun)12:26:43 編集
わかりません
最大の復讐は、殺すことではなく、自分の犯した罪の重さを認識し生き続けることかも。

だとしたらどうするか、

私の弱いオツムでは、思いつきません。

やっぱり、教えてちょうだい。お願い!!ねぇ様
菜園 2006/11/05(Sun)23:07:18 編集
えぇっとですねぇ・・・
本作品は未だ上映中のところがあるんですよ。
ですから念のため結末の紹介は未だ控えさせて下さいm(_ _)m菜園さん

> 最大の復讐は、殺すことではなく、自分の犯した罪の重さを認識し生き続けること
ウチも同感です。
罪を自覚し、その重さを認識しながら生きる。
「更正プログラム」では
勿論、そう考えられるようにと教育(?)されている筈なのでしょうが・・・。

あぁ!
これ以上は云えません!
菜園さんはどちらのお住まいでしょうか?
公式ページをチェックして、もし、お近くで上映されているようでしたら、是非観に行って下さい☆
ねぇ・管理人 URL 2006/11/05(Sun)23:54:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *