忍者ブログ
「ねぇの部屋」ブログヴァージョンです。 ぼちぼち旧部屋から引っ越ししますね☆
  カレンダー
05 2020/06 07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  カウンター
  カテゴリー
  最新CM
2012 / 06 / 10 ( Sun ) 22 : 23 : 21
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 40 : 17
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 38 : 20
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 35 : 58
先日 ( 訃報 ) from: ねぇ
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 33 : 49
  最新記事
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 21 : 41 : 52 )
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 15 : 32 : 42 )
2012 / 03 / 29 ( Thu ) 13 : 40 : 37 )
2012 / 02 / 14 ( Tue ) 13 : 24 : 46 )
2011 / 12 / 31 ( Sat ) 23 : 31 : 19 )
  プロフィール
HN:
ねぇ
HP:
MAIL:
性別:
女性
住所:
大阪府
職業:
趣味:
自己紹介:
3匹のネコ達と毎日楽しく忙しく暮らしています♪
  QRコード
  ブログ内検索
  リンク
  最古記事
2006 / 01 / 21 ( Sat ) 04 : 09 : 35 )
2006 / 01 / 22 ( Sun ) 19 : 48 : 05 )
2006 / 01 / 23 ( Mon ) 23 : 31 : 56 )
2006 / 01 / 30 ( Mon ) 00 : 47 : 36 )
2006 / 01 / 31 ( Tue ) 22 : 03 : 09 )
  アクセス解析
  フリーエリア
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91]
2020/06/02 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/04 (Sat)
『太陽の傷』ポスター


翌日から、片山は不穏な気配を感じていた。
自分の後を付けている気配。
妻も同様の気配を感じていた。
少年達が、先の事件で、自分に、そして家族に対して何らかの報復を与えようとしているのではないかと。


数日後、街で事件が起きた。
少年が歩道橋から落下し、死亡。
事件と事故の両面から捜査をしている。

片山は亡くなった少年がグループの一人らしいと聞き、漠然とした不安を覚えた。

そしてそれは・・・
的中してしまった。
幼い愛娘が何者かによって連れ去られ、無惨にも殺害されてしまったのだ。
犯人は・・・
片山の不安通り、少年グループのリーダー、神木(森本慧)だった。

幼い女の子の命を奪った犯人が15歳の少年だった
と云う事実はマスコミの餌となった。
彩乃ちゃん(佐々木麻緒)の葬儀会場は報道陣で溢れ、
カメラは容赦なく被害者の両親を映し出す。
そして、事件の経過を中途半端に伝えるマスコミ。
そぅ。
警察も、犯人が未成年である為に、詳細を話さない(話せない)のだ。
ただ・・・
少年と被害者の父親との間にトラブルがあった
としか・・・。
「トラブル」の原因は伝えられない。
あたかも、片山が神木に(一方的に)暴力を加えた事が原因
とでも云いたそうな報道。

違うのに。
本当の原因は違うのに!

マスコミは容赦がない。
あたかも、被害者が加害者であるかのような扱いだ。
マスコミュニケーションの執拗な攻撃(?)は、
愛娘を失った悲しみに暮れる妻の心をまでも蝕む。
陽子(蛭川みほ)は鬱状態に陥り、遂に飛び降り自殺をしてしまう。

愛娘を失い、愛する妻を失った片山。
地元を離れ、暮らしていたある日。
少年院に入所していた神木が仮退院していた事を知った。
「模範生」として1年8ヶ月で退院し、既に社会復帰していたのだ。



~続く~



※各地の上映情報は『太陽の傷』公式HPで確認して下さい。



PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *