忍者ブログ
「ねぇの部屋」ブログヴァージョンです。 ぼちぼち旧部屋から引っ越ししますね☆
  カレンダー
05 2020/06 07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  カウンター
  カテゴリー
  最新CM
2012 / 06 / 10 ( Sun ) 22 : 23 : 21
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 40 : 17
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 38 : 20
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 35 : 58
先日 ( 訃報 ) from: ねぇ
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 33 : 49
  最新記事
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 21 : 41 : 52 )
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 15 : 32 : 42 )
2012 / 03 / 29 ( Thu ) 13 : 40 : 37 )
2012 / 02 / 14 ( Tue ) 13 : 24 : 46 )
2011 / 12 / 31 ( Sat ) 23 : 31 : 19 )
  プロフィール
HN:
ねぇ
HP:
MAIL:
性別:
女性
住所:
大阪府
職業:
趣味:
自己紹介:
3匹のネコ達と毎日楽しく忙しく暮らしています♪
  QRコード
  ブログ内検索
  リンク
  最古記事
2006 / 01 / 21 ( Sat ) 04 : 09 : 35 )
2006 / 01 / 22 ( Sun ) 19 : 48 : 05 )
2006 / 01 / 23 ( Mon ) 23 : 31 : 56 )
2006 / 01 / 30 ( Mon ) 00 : 47 : 36 )
2006 / 01 / 31 ( Tue ) 22 : 03 : 09 )
  アクセス解析
  フリーエリア
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21]
2020/06/02 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/03/15 (Wed)
朧月夜

似るものぞなき
(「源氏物語」朧月夜より)



大きな満月。
霞が掛かっているかのように、周りがぼんやりとして見えていました。
※決して私が近視だからではないですよ!(^ ^ゞ



光る君(光源氏)を敵対視している東宮の母(右大臣の娘・弘徽殿の女御)。
その妹で、東宮の妃にと期待されている六の君。
源氏と熱い恋に落ちるが、その事を右大臣や弘徽殿の女御に知られ、
彼等の奸計によって源氏は明石へと流されたのです。
月日は流れ、六の君は尚侍として入内し帝(東宮が皇位を継いだ)の側に上がり、帝の愛の深さを知り、帰京した源氏の誘いを最後まで拒み続けたのです。
※大まかな筋は合っていると思います(苦笑)。

燃えるような恋より
静かな愛を選んだ朧月夜の君。



満月を眺めながら家路についていると、
ふと、この話を思い出しました。



PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *