忍者ブログ
「ねぇの部屋」ブログヴァージョンです。 ぼちぼち旧部屋から引っ越ししますね☆
  カレンダー
05 2020/06 07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  カウンター
  カテゴリー
  最新CM
2012 / 06 / 10 ( Sun ) 22 : 23 : 21
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 40 : 17
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 38 : 20
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 35 : 58
先日 ( 訃報 ) from: ねぇ
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 33 : 49
  最新記事
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 21 : 41 : 52 )
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 15 : 32 : 42 )
2012 / 03 / 29 ( Thu ) 13 : 40 : 37 )
2012 / 02 / 14 ( Tue ) 13 : 24 : 46 )
2011 / 12 / 31 ( Sat ) 23 : 31 : 19 )
  プロフィール
HN:
ねぇ
HP:
MAIL:
性別:
女性
住所:
大阪府
職業:
趣味:
自己紹介:
3匹のネコ達と毎日楽しく忙しく暮らしています♪
  QRコード
  ブログ内検索
  リンク
  最古記事
2006 / 01 / 21 ( Sat ) 04 : 09 : 35 )
2006 / 01 / 22 ( Sun ) 19 : 48 : 05 )
2006 / 01 / 23 ( Mon ) 23 : 31 : 56 )
2006 / 01 / 30 ( Mon ) 00 : 47 : 36 )
2006 / 01 / 31 ( Tue ) 22 : 03 : 09 )
  アクセス解析
  フリーエリア
[242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232]
2020/06/02 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/06/30 (Mon)
私が大のお酒好きである事は周知の事実(笑)

いつでも
「美味しく・愉しく」呑む事
をモットーにしていますし、
以前はほぼ毎日晩酌や寝酒をしていましたが、
最近ではきちんと休肝日を設けて、
週に最低でも1~3日は呑まない日があります。

それでも母はとても心配しています。



日曜日の夜は実家ご飯。
実家に行くと母が
「コレ、あんたも読んどき」
と云って、時々新聞の切り抜きを渡されます。

その殆どが
アルコール依存症に関する記事です。

今回見せてくれた記事を読んで思った事。
それは
女性のアルコール依存症の原因


寂しさ

が根底にあるのではないか?
と云う事です。

特に専業主婦の方は、子供が成人し、
社会へ出ると帰宅が遅くなる事も多くなります。
独立して家を出れば夫と二人暮らしになりますよね。
その夫も相変わらず帰宅が遅い。
となれば一人で家に居る時間が長くなる訳です。
そしてやがて寂しさを紛らす為に、
昼間からビール等のアルコールを常飲するようになる。
夕食の準備をしながら飲むようになる。
(所謂キッチンドランカー)
当然、飲酒量も格段に増えていく。

この事を「空き巣症候群」と云うそうです。
人によっては鬱病も併発しやすいとか。



女性は強いと思われがちです。
でもそれは子供を守り育てる為であって、
決して女性自身が強い訳ではないと思います。
むしろ、守ってくれる強い男性が側にいないと
簡単に壊れてしまうのでは?
そう。
寂しさのあまり・・・。



我が家は父がアルコール依存症です。
発症から克服するまでの
辛く厳しい日々を母は側で経験しています。
父に似てお酒好きな私を見て、
母が心配するのも無理は有りません。
でも、一つだけ父とは違う点が私には有ります。
それは冒頭でも述べたように
「美味しく・愉しく」呑んでいる事です。
父は「愉しく」呑んでいましたが、
決して「味わって」呑んでいるようには
見えませんでした。

確かに飲酒量で云えば一般女性より
はるかに多いかも知れません。
けれども「呑みたくない」と思った時に
無理に呑もうとは思いません。
一人暮らしの寂しさもネコ達が紛らわせてくれています。

これらの事はアルコール依存症にならない
大きな要因だと思うのです。

折角の美味しいお酒です。
お酒にまつわる色んなお話を聞いたり、
蔵元さんと接する機会が有ったりすると、
もっともっと色んなお酒を呑みたいと思います。
そしてお酒(特に焼酎)を通じて知り合った
多くの方々が居ます。
彼等といつでも、いつまでも
「美味しく・愉しく」呑みたいと思うのです。

そう。
決して
寂しさを紛らわす為に
呑むのではなく!

それに・・・
それって美味しいお酒を醸して下さっている
蔵元さんに対して失礼な事だと思うのです。

体質的にも精神的にも
女性はアルコール依存症になりやすい
と記事に書かれていました。
確かにそうなのでしょう。
けれど私は大丈夫です。

「美味しく・愉しく」呑んでいる限りは。
「杜氏さんがどんな思いで
 このお酒を醸されたのかなぁ」

と蔵元に思いを馳せながら呑んでいる限りは。



PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは

しばらく更新が滞っていたと思っていたら力感あふれる論説ですね。(飲むための言い訳)

まあ、休肝日を作ったことは評価します。

表紙がまだ五月のままで七月になっちゃいますよ。
菜園 2008/06/30(Mon)23:26:00 編集
ぇへへっ(^ ^ゞ
お久しぶりです。
>菜園さん♪
そぅそぅ。呑む為の力説です(笑)

あ・・・
トップページの事をすっかり忘れていました(- -;;)
ねぇ・管理人@休憩中 URL 2008/06/30(Mon)23:30:37 編集
無題
もう就寝時間を過ぎてるのに寝付けないからまた来ちゃいました。
とにかく元気でいてくれてよかったです。一時体調が悪かったようなので心配してました。
休肝日のほかにもう一つ要望しておきましたよ。それは早く寝ることです。
美容に悪いからね・・・グー

菜園 2008/07/01(Tue)00:18:26 編集
昨夜は
日付が変わって直ぐに就寝zzz
>菜園さん♪
寝不足は美容の大敵ですからね(^_-)☆
ねぇ・管理人@休憩中 URL 2008/07/01(Tue)12:02:05 編集
ネコ
こんばんは

日付が変わって直ぐの就寝だなんて、なんと素直なねぇさん。

半年ぶりのコメントで一つ確認できたことが有ります、それはこのブログにコメントが少ないのは菜園のせいでは無かったことです。
ねぇさんは文章が上手で楽しいのに、私のハチャメチャなコメントで皆さん引いてしまったのかと気になっていたのですが、どうやら違うようなので安心しました。
ところでマンションに住みついていた「シロ」はどうしていますか?
先日、加藤由子著「雨の日のネコはとことん眠い」を読みました。猫の生態を鋭い観察にて説明しとても面白かったです。
菜園 2008/07/01(Tue)22:04:03 編集
シロにゃんは
いつの間にか姿を消してしまいました。
>菜園さん♪
加藤由子先生、猫に関する本を多数書かれている方ですね!
私も読んでみます♪

コメントが少ないのは・・・
何故なんでしょうねぇ(^ ^ゞ
私は気にしていませんが(^_-)☆
とか云いつつ・・・
やっぱりコメントを頂くと嬉しいです♪
ねぇ・管理人@休憩中 URL 2008/07/01(Tue)22:55:13 編集
ごめんなさい
そうですか、シロいなくなってしまったのですか。
あの子猫の写真のつぶらな瞳が忘れられません。

コメントのことは余計な事を言ってしまいました。ごめんなさい。
といいながら、当分、ねぇさんを独り占めです。(笑)
菜園 2008/07/01(Tue)23:32:02 編集
つぶらな瞳に
メロメロでしたから@私
>菜園さん♪
亡くなった時、またシロにゃんが居なくなった時、
とても寂しく、悲しく思いましたが。

さて、ぼちぼち寝なくっちゃ(笑)
ねぇ・管理人@休憩中 URL 2008/07/02(Wed)00:18:10 編集
お久しぶりです
ねぇさん 菜園さんお久しぶりです。コメントしなかったのは菜園さんのせいではないのでご安心あれ。私もねぇさんの論説にいたく感動しました(笑)
しょうき URL 2008/07/02(Wed)21:18:48 編集
お久しぶりです!
>しょうきさん♪
ってか・・・
私のBlog Upも「合唱関連」以外では久し振りでしたから(^ ^;)
ねぇ・管理人@休憩中 URL 2008/07/02(Wed)22:21:57 編集
よかった
こんばんは

しょうきさんも来て下さいましたね。よかった、よかった
こうなったら合唱でも合掌でもします。
菜園 2008/07/02(Wed)23:26:23 編集
ぷぷっ。
>菜園さん♪
> 合唱でも合掌でも
って!?(笑)
ねぇ・管理人@休憩中 URL 2008/07/02(Wed)23:40:47 編集
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *