忍者ブログ
「ねぇの部屋」ブログヴァージョンです。 ぼちぼち旧部屋から引っ越ししますね☆
  カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  カウンター
  カテゴリー
  最新CM
2012 / 06 / 10 ( Sun ) 22 : 23 : 21
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 40 : 17
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 38 : 20
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 35 : 58
先日 ( 訃報 ) from: ねぇ
2012 / 05 / 26 ( Sat ) 14 : 33 : 49
  最新記事
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 21 : 41 : 52 )
2012 / 04 / 18 ( Wed ) 15 : 32 : 42 )
2012 / 03 / 29 ( Thu ) 13 : 40 : 37 )
2012 / 02 / 14 ( Tue ) 13 : 24 : 46 )
2011 / 12 / 31 ( Sat ) 23 : 31 : 19 )
  プロフィール
HN:
ねぇ
HP:
MAIL:
性別:
女性
住所:
大阪府
職業:
趣味:
自己紹介:
3匹のネコ達と毎日楽しく忙しく暮らしています♪
  QRコード
  ブログ内検索
  リンク
  最古記事
2006 / 01 / 21 ( Sat ) 04 : 09 : 35 )
2006 / 01 / 22 ( Sun ) 19 : 48 : 05 )
2006 / 01 / 23 ( Mon ) 23 : 31 : 56 )
2006 / 01 / 30 ( Mon ) 00 : 47 : 36 )
2006 / 01 / 31 ( Tue ) 22 : 03 : 09 )
  アクセス解析
  フリーエリア
[502] [501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492]
2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/09 (Thu)
今日は昼から雨または雪の予報。
朝から薄曇りの空でした。

空

今朝は山道コースの途中から
段之上作業路へ。
段之上作業路
ちゃんとバーが降りていましたので(笑)

少し歩いた所でこんなん発見!
サルノコシカケ

切り株にサルノコシカケ。
クジラタケ

アイカワタケ
と思われますが・・・??
もし、アイカワタケだったら
若いうちなら食用になるそうです(^-^)v

更にずんずんと奥へ!

作業路の右手に
伐採されている所があり
登って行けそう♪
段之上作業路
って事で、見えている所まで登ってみました。

が・・・
足元はゴロゴロの石だらけだし、
結構勾配がキツカッタので
上りは良くても下りが怖かったwww

今朝の教訓。
「足元の悪いキツイ坂には行かない」

今朝はさらに奥へ。
初めてこの作業路に入った時よりも
更に奥まで行けました。
だって・・・

前は道に雑草が生い茂っていたので
途中で断念してUターンした所が
綺麗に刈られていたりして
どこだったか分からなかったし
歩きやすかったんやもん(^-^)v

で、気が付けば
入り口から約5km!
段之上作業路
遂に行き止まりか!?
と思いきや・・・

念坂洞作業路
「念坂洞作業路 →」
の案内板が。
左手にも道が続いていたので
少し入ってみましたが
行き止まる気配はなく・・・
多分、
念坂洞作業路の方(右手)が
行き止まりになっているのでしょうね。

今朝はココでUターンして
山道コースへ戻り帰宅しました。

はぁ・・・
今朝は流石に疲れたなぁ
と思っていたらそれもその筈!

今日の歩数:19466歩
歩いた時間:185分
消費カロリー:610kcal
歩いた距離:14.59km

後少しで2万歩!
3時間も山ん中を歩き回っていたのね!

そら疲れる筈やわ(笑)



追記
段之上作業路を歩いている時
少し雨が降りました。
最初はミゾレっぽかったのですが
奥へ進むに連れて雪になりました!
まぁ・・・
チラホラ程度でしたが
Uターンした所までずっと
緩やかな登り坂なので
意外と標高が高かったのかも(^ ^ゞ



PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *